人見知りを克服するためのインプットとアウトプットの考え方

目安時間:約 9分

 

人見知りを克服するためのインプットとアウトプットの考え方

 

話すのが得意…というか、延々と話していられる人は

見ていると

 

「情報収集能力」

「好奇心」

「アウトプット欲」

 

このあたりがとても高いような気がします。

 

でも、性格上のものでもあるので

元々、得意不得意はあると思うのですね。

 

今回は、人見知りを克服するための考え方や

インプットやアウトプットについてどう考えておけば良いのか

考えていきたいと思います。

 

情報収集能力・好奇心

 

情報収集能力と好奇心は似ているもので、

同じ情報収集にしても

 

 

「ひとつのことを深く掘り下げるのが好きな人」

「いろいろなことに興味を持つ傾向が強い人」

 

 

などの違いがあります。

 

 

いろいろなことに興味を持てる人と、

自分の好きなことを掘り下げる方が好きな人。

 

これはどちらが良いという話ではないと思うんですが、

実際はいろいろなことに興味を持てる人のほうが「万人受け」しやすいです。

 

 

でも、元々そういうタイプでない人は

いきなり興味を広げるのもつらいと思うんですよね。

 

 

特性というか、性格の部分なので、

ここを変えるのはとても難しいです。

 

 

だから

 

 

話が合いづらい→話が苦手→自信がなくなる→人と会うのが嫌になる

 

 

みたいなループにも陥りやすいのではないかと思います。

 

興味の範囲を広げる方法・対策

 

 

でも、人見知り克服のためには

興味の範囲や、

 

 

「会話の中で盛り上がる確率の高い知識」をできるかぎり増やすのも大切なことです。

 

 

 

それを踏まえて、やっていけそうな対策としては、

 

 

1.話の合う人を見つけること

2.自分の興味から連鎖して興味を持てることを探すこと

 

 

あたりでしょうか。

 

 

 

話が合う人が見つかればそれだけで楽しいです。笑

そして、その人の話の中には自分の知らないこともあるはずなので

そこから興味を広げても良いでしょう。

 

自分の興味のあることに関連することの中で、

自分の詳しい分野から少しずらして調べてみるのも良い方法です。

 

 

自分と合う人に巡り合うために

 

でも、「自分にあった人に恵まれること」って結構重要だと思うのです。

 

運も絡んできますが、なにもしないよりは何かしたほうが、そういう人に恵まれる確率は上がります。

とりあえず、自分から行動してみるのがオススメ。

 

 

接点を持つ方法は

Twitterでもリアルのサークルなどでもなんでも良いです。

 

 

 

 

ひとりじゃなくて、できるかぎり沢山の人と話してみると良いと思います。

 

というのは、はじめのうちは視野が狭くなりがちなのですが、本当にいろんな人がいます。

 

人見知りで悩む方には、完璧主義が強めだったり真面目な方が多い傾向にあります。

 

 

できるかぎり沢山の人と会うことによって、

話に慣れられるだけではなく、「いろんな人がいる」ことを肌で感じられることによって、

完璧主義も緩和されていくのでとてもおすすめです。

 

 

 

 

失敗しても大丈夫なんだと思えるので、

会話に挑戦するハードルも低く感じられてきます。

 

 

アウトプット欲について

情報収集したことを

「だれかと共有したくなるか」…つまり、アウトプットしたくなるかにもタイプの違いがあって、

 

インプットした先からアウトプット(共有)したくなるタイプ、

インプットしたら自己完結してしまって、共有するより次に行きたいタイプがあります。

 

 

 

ちなみに、私は…後者ですね(笑)

 

前者のほうが、普段から共有する習慣ができているので

そのままでもコミュニケーションスキルは上がりやすいです。

 

後者のタイプだと自分のペースでインプットし続けられるので

そのぶん、インプットのペース自体は早くなりやすいかもしれません。

 

でも「アウトプットすることでより深く自分に落とし込める」というメリットもあるので、

入れた情報を人に意識して話してみると良いと思います。

 

 

 

 

 

行動するのが苦手な場合は…?

 

 

 

行動は大事です。

 

……とはいっても、自分から行動するのが苦手なタイプの人も

少なからずいますよね。

 

私自身は行動すること自体に抵抗はあまりなかったのですが、

時間やお金を言い訳にしてしまったり、

「なんかわからないけど行動するのに抵抗がある」みたいな……。

深いところからの抵抗を感じる方もいるかもしれません。

 

 

 

時間やお金が理由なら、

今、目の前にある「ちょっとした資産」「少しの勇気や行動力」と、

今後の全ての時間を、これまで通り過ごすのか、少し変わった世界を見るかと、

どちらがあなたにとって大事か、改めて考えてみてください。

 

この辺には正解はないと思います。正直……。

ただ、人見知りは克服したほうが世界が広がって面白いんじゃないかなとは、個人的には思っています。笑

 

 

心理的な抵抗の場合は、

 

 

 

「自分が具体的に何を恐れているのか」

「人見知りでなくなったら困ることはあるか?」

 

 

 

という感じのことを、掘り下げていくのが有効です。

※詳しくは長くなりそうなので、改めて別記事で……。

 

 

 

 

まとめ

私自身が興味が偏っていて、アウトプット不要なタイプだったので

どういうふうに考えたら興味を広げられるのかは、よく考えていたのですが

少しでも伝わっていれば嬉しいです。

 

得意なことはそれぞれだと思うので

それを否定することなく、自分らしく会話ができるようになるのがベストではないでしょうか。

 

では、参考になれば嬉しいです♪

 

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報