人見知りを治すために必要な心構えとは?

目安時間:約 5分

人見知りを治すために必要な心構えとは?

こんばんは、澪です。

 

早速ですが、人見知りを治すために必要なことって何だと思います?

 

勇気?覚悟?

 

それはもちろん必要なのですが、

 

私が大事だと思うのは、

 

  • 「人見知りの状態」
  • 「人見知りでない状態」

 

これらがくっきり分かれているわけではないということ、

これを最初に意識してほしいなと思います。

 

人見知りの状態と人見知りっぽくないと言われる状態の違い

私達が憧れるのは、たとえば学生時代だったら

クラスの中心人物だったり、

生徒会長のような、

 

・ハキハキ喋れて

・みんなに憧れられて

・自分の好きなことが堂々と言える

 

っていう、ざっくり、こういう状態なのではないでしょうか。

 

ここを最終ゴールに決めるのは全然OKです。

でも、これが理想であればあるほど、近づいていても自分でそうと気づかないというか。

 

気づかないがゆえに、変わっていても自信につながらないのが辛いところです。

 

行動してれば、行動しただけ変わるのですが、

理想が強ければ強いほど、

その理想と一致しない限り、いつまでたっても自信につながりません。

 

実際はグラデーションのように徐々に変わっていくもの

変化はグラデーションのようなものなので、
自分では変わったことに気づかないことが多いです。

 

ある人が言っていたのですが、

 

「変わっているときに、現在進行形で変わっていることが分かっていたら、逆に危ない」

 

ものです。

 

だから変わったというのが分からないこと自体は問題ありません。

 

私は久しぶりに人に会うたびに変わったって言われますが、あまり信じていません。

それくらいでも良いのではないのかと。

 

でも、グラデーションのように、

 

行動すればしただけ変わってはいる

 

ということは頭に入れておいていただければと思います。

 

周りは言わないかもしれないし、言ってくれるかもしれませんが、

確実に経験値として、あなたの中に積まれているものです。

 

その自信は持っていて頂きたいです。

まだ理想と一致していなかったとしても。

 

行動をした事自体に自信を持つこと

受験勉強であれば、結果が出なければダメかもしれませんが、

この分野は、行動しただけ自信につなげて構わないと思います。

 

本を読んでばかりだと確かに何も変わりません。

 

しかし、

 

何かを読んで知識を入れること、

入れた知識の実践をすること、

 

これらは両方大切なことです。

 

どちらかでもうまくいかないですし、

最終的には両方をバランス良く行っていかなくてはなりませんが、

 

何もせず悩んでいるより、今日は少しでも前に進めたのなら、

まずはそのことに自信を持っていただければと。

 

自信の積み重ねが、人見知りの克服に繋がっていきます。

 

まとめ

人見知りの克服はグラデーションのようなものです。

 

だから、行動をしたなら、理想に少しでも近づいていることに自信を持っていただければと思います。

 

以上です。お読み頂き、ありがとうございました。

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報