戦国時代をサクサク学べる小説サイトのご紹介

目安時間:約 6分

戦国時代をサクサク学べる小説サイトのご紹介

 

今日は、私の趣味について綴ってみたいと思います。

 

私は戦国武将が好きなのですが、

今日は私が戦国武将にハマるきっかけになった

初心者でもサクサク読めてわかりやすい

偉人の伝記が読めるサイトをご紹介したいと思います。

 

伝記というと難しい感じがするかもしれないですが

このサイトはとても分かりやすく、一気に読めたのでとてもおすすめです。

 

ありけん歴史館

 

サイトを知ったのは、

まだスマホが出始めたくらいで、ガラケーの方が多かった時代です。

私は、ガラケーでネットサーフィンをしていたのだと思います。

 

 

あるとき、偉人のストーリーをゆるく紹介しているサイトにたどり着きました。

 

こちらのサイトです。

ありけん歴史館

 

オリジナル小説で伝記が少し紹介されています。

 

サクサク読めてわかりやすい偉人の伝記

 

サイトに載っているのは、

 

豊臣秀吉、

楠木正成、

真田幸村(信繁)、

モルガン財閥。

 

※他にもコンテンツはありますが、伝記についてはこんな感じ。

 

 

まず話数の少ないモルガン財閥から読み始めたと思うのですが

ほぼ登場人物同士の会話のみでの進行で、非常にサクサク読めてしまいます。

 

 

また、読んでいただければ分かるかと思いますが、

随所に現代風アレンジがあってツッコミどころ満載です。

面白かったのは、あの時代なのに普通にネットが普及していたりとか。

 

※話の流れは史実に沿っています。

 

 

そういう感じなので、引き込まれて一気に読めてしまいます。

 

この記事を書くにあたり、久しぶりにモルガン財閥を読んだのですが

やはり引き込まれて一気読みしてしまいました。

ラストはちょっと感動する構成になっているので、よろしければ読んでみて下さい。

 

1日1人ずつ

 

このサイトが面白いのと勉強になるので、少しずつ読んでいました。

だいたい1日1人ずつくらいのペースです。

 

その中でも、

豊臣秀吉が一番話数が多いから

読破までかなり時間がかかりそうだと思い、

なんとなく読み始めるまでにハードルを感じていたのですが、

 

他の話が全て面白かったので、最後に読み始めました。

 

結果、長かったけど面白くて一気読みしてしまいました。

 

歴史の流れに巻き込まれていく秀吉

 

史実はともかく、小説の中ではただ秀吉が「歴史に巻き込まれていく」感が痛快です。

 

本人にそのつもりがなかったのに、上手く行ってしまい、出世していく……。

こういう展開は他では読めないですし、とても面白かったです。

 

一番印象に残っているのは……

 

当時、ほぼまったく戦国時代のことを知らないような状態で読んでいたので

すべてのシーンがとても新鮮で、信長が亡くなった時も衝撃を受けていたくらいです。

 

 

私が一番印象に残っているのが、信長が亡くなったときに「子供のように大泣きした」という一文でした。

 

 

この頃はもう農民出身としてはありえないくらい出世していた秀吉ですが、

上司がなくなったことを知ったときに、

 

大人らしいビジネスライクな対応より先に、

「大泣きした」というのが、信長をすごく慕ってたんだな……と思いました。

 

 

私は、そこから秀吉が好きになりました。

 

 

でも、晩年の秀吉はいろいろな方面に迷惑をかけているので

秀吉のピークはここだったんじゃないかなとも思っています。笑

 

 

まとめ

 

秀吉以外の話も面白かったですが、秀吉の話がいちばん好きです。

 

これをきっかけに戦国時代の勉強をしたりゲームをしたりし始めましたが、

今改めて見てみても、史実から大きくはずれていないのがすごいと思いました。

 

よろしければ一度見てみていただければと思います。

ありけん歴史館

 

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報