えんまりさん直伝の人見知り克服方法とは!?

目安時間:約 5分

えんまりさん直伝の人見知り克服方法!

 

先日とあるセミナーで、えんまりさんこと石原佳史子さんにお会いしてきました。

 

えんまりさんは、女性起業家として活動されている方で、

とても笑顔が素敵な方です。

 

出版もされています。

 

「人生もビジネスも流されていればうまくいく」という本で

ネットで起業を考えている方向けの本ですが、

わかりやすい文章で、とても参考になる内容でした。

 

もし興味があれば見てみていただければと思います。

 

 

 

えんまりさんのサイトはこちらです。

雲楽士・石原佳史子公式サイト

 

えんまりさんも、以前は人見知りやあがり症で悩んでいたようで

今回、えんまりさんが人見知り等を克服した方法をお聞きすることができましたので、

ご紹介したいと思います!

 

えんまりさん直伝!人見知りやあがり症の克服方法とは?

1.自分の平常心の状態を観察する

 

自分の、普段の平常心の状態を観察します。

 

普段はテンション低めなのか、高めなのか、

どういう状態が自分にとって普通なのか、自分の内面をよく観察するそうです。

 

2.自分の平常心でない時の状態を観察する

大勢の人の前で話をする時などの緊張するときや、

テンションが下がった時や上がったときにどういう状態なのか、

自分の内面を観察するそうです。

 

落ち込んでいる時だけではなく、テンションが上がっているときなど

とにかく「自分の感情が動いているとき」について観察をするのがポイントだそうです。

 

3.自分の「平常心」をキープするためにはどう意識すれば良いのか考える

 

普段の自分の平常心を、どうしたらキープできるか考えるとのことです。

 

大勢の前で話す時はテンションは高めにいったほうがいいかもしれないし、

逆に人と話すときにあまりテンション上げていかないほうがいいかもしれない。

 

自分にとってしっくりくる意識の持っていき方を考えるそうです。

 

 

4.試行錯誤して「平常心」の状態をキープする!

「平常心」の状態をどんなときでもキープするのが目標とのことです。

 

私がお聞きしていて「確かに…」と思ったのが、

テンションが低すぎると自分がつらいのはもちろんですが、

テンションが高すぎても後で反動が来たりするので、

高すぎず低すぎない、普通の状態をキープするのって大切だなと思いました。

 

5.どんなときでも「普段と変わらない」状態でいられるようになる

 

現在では、えんまりさんはセミナーの講演などしても「普段と変わらない」と言われるそうです。

 

大勢の方の前でも普段と変わらないセミナーができるそうです。

 

周りの状況で自分の気持ちがゆらがないって

本当にすごいと思いました。

 

まとめ

意識してると、気持ちも安定しそうなので

私も是非やってみたいと思いました。

 

ピンときた方は参考にしてみてくださいね。

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報