人見知り克服の壁となる子供の頃の家庭環境について

目安時間:約 7分

人見知り克服の壁となる子供の頃の家庭環境について

 

今回は、人見知りや、もっと深刻だと対人恐怖症などの問題を

引き起こす原因の一つとして挙げられる

幼少期に育った「家庭環境」について、掘り下げて考えていきたいと思います。

 

というのは、対人恐怖症や精神的な問題などは
子供の頃の家庭環境が悪い人が起きやすい、とも言われているので、
今回は、その点について掘り下げてみます。

 

アダルトチルドレン

さっそくですが、アダルトチルドレンという言葉を聞いたことがありますか?

 

元々はアルコール依存症の親の家庭で育った子どもたちを指すようですが、

現在はアルコールに限らず、本来なら当たり前の「家だからこその安心感」を

感じられない家庭で育った…というような、広い意味で使われています。

 

アダルトチルドレンとは?

Wikipediaより引用です。

 

アダルトチルドレン(Adult Children)とは、

 

「機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持つ」

 

という考え方、現象、または人のことを指す。

 

頭文字を取り、単にACともいう。

 

英語圏ではAdult Children of Alcoholics(アルコール常用者の家庭で育った成人した子供)、ACOA、ACAと呼ばれる。単に「アダルトチルドレン」とすると英語圏では成人した子供をいうので注意が必要。

 

という感じ。

機能不全家族というのは、
ざっくりいうと、暴力家族同士で無関心など、
子供にとって人としての人権が守られていないような状態かな…?と思います。

 

人によって捉え方は違うと思います。

具体的にはこちらのチェックリストを参考にしてください。

 

周りからの指摘or周りとの比較で気付き始める

 

こういったことは、割と本人は生まれた頃からその環境にいるお陰で気づかないことが多いです。

他の人に相談したり、または知り合いや友人などの他の家庭に触れる機会を持つことで

初めて薄々勘づきはじめることが多いと思います。

 

私の場合もこういう傾向はありましたが、高校くらいになってようやく

「うちおかしいよね?」と妹と話し始めたくらいで。

 

それより前も友達の親は優しいなと思うことはありましたが、そこまで深く考えなかったですね。

 

私の中では親が暴力でしつけをするのは当たり前だったので、

もしかしたら、私が友達(他人)だから、私がいる前では優しいのであって

身内の前ではめちゃくちゃ厳しいのかもしれない…とすら思ってたくらいです。

 

 

知ることが大事!

とはいえ、おかしいとは思っても、

ものすごく基準と比べておかしいとも思わなかったのですが

 

大人になって家を出て一人暮らしを始め、外の安全な場所から実家を見ることによって、

ようやく実家の問題点を身に沁みて感じます。

 

もしあなたが、機能不全家族のもとで育ったのではないか、と思われるのであれば

初めはそういうことを「知る」ことが大切だと思います。

 

共感してもらえるだけでも違う

 

私の場合は、うちもそうだったよ、という方と偶然話ができたので、救われたかな…と思います。

 

若い方だと、自分はこうはなりたくないから

自分は結婚したくない、という方もそれなりの確率でいるようなので

そういう生き方もありなんだな、と思うとかなり気持ちも楽になりました。

 

とにかく、共感してもらえることや、自分だけではないと知るだけでも全然違います。

 

生きづらい原因を知ることで、

じゃあどうすればいいのかな?っていう対策も立てやすくなりますよね。

 

進行形で悩んでいるなら家を出ることも検討してみて

 

社会人の方で、

今現在、実家のことで悩んでいるという方は
是非外の世界を体験してみていただきたいです。

 

生活費はかかるかもしれませんが、自分の健康はプライスレスです。

 

たとえば、このままうつ病になってしまったら、

治療に何年もかかってしまうかもしれないし
下手すると10年以上もかかってしまう方もいらっしゃいます。

 

そういうことで時間をつかうのはもったいないとは思いませんか?

 

とりあえず動いてみるのがオススメ

 

家を出るにもいろいろあります。

一人暮らし、シェアハウス、住み込みのバイト、等々……。

状況を動かすために、まずはできそうな手段を調べてみてください。

 

状況によっては、実際に実行するのは簡単ではないかもしれませんが、

現状を動かすためにはまず動いてみるのが大事です。

 

状況が良くない方は、自分を大切にするためにも

是非検討してみていただければと思います。

 

まとめ

 

アダルトチルドレンに関しては、まずは知ることが大切です。

そして知ることで次に進むこともできると思います。

是非、参考にしていただければ幸いです。

 

 

AC

この記事に関連する記事一覧

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報