重度の人見知りを克服するために最初に意識したいこと

目安時間:約 6分

重度の人見知りを克服するために最初に意識したいこと

 

 

少し前に場面緘黙症の記事を書きましたが、

 

そういえば、発症率0.7%=200人に1人以上はいるはずなのに

これまで私以外の人で、そういう感じの方には出会ったことないな…?と思っていましたが。

 

 

でもこの間、もしかしたらそうなのかな?という方と話す機会があったので、

その時のことを書いてみたいと思います。

 

これは、もしかして場面緘黙…?

 

場面緘黙…というか、私に近いな、と思ったのが、

話しかけてもあまり反応してくれない。
はいかいいえもはっきり示してくれない。という感じ。

 

 

私も喋るのはすごく苦手なんですが、
話していて、以前の私の状況を思い出しました。

 

 

普通だったら、何だこの人、ってなってしまうだけだと思いますが、

 

その「状況」を、外からの見た目ではなく

私も少なからずそうだったため

内側からの感覚で想像できてしまうので、

 

見た感じ以上に、内側ではものすごく苦しいんだろうなと思って
なんだかものすごく複雑な気持ちになりました。

 

改善しようとするかは個人の自由だけど…

その方はあきらかに私より歳上だったので、

私より長く生きていて

これまで治そうとしてこなかったのかな、とは思いましたが…。

 

 

そうはいっても、
どういう人生を送るかは個々の自由だし
もしかしたら私以上に状況が複雑なのかもしれません。

 

 

だから、私がいろいろ想像してしまうのも

あまり良くないとは思いますが。

 

 

…………。

 

 

……そうはいっても、

はいかいいえくらいは示してもらえると有り難いですよね、とは思いました。

 

会話で「これができないと困る」こと

 

思ったのは、外から見てどういう感じだったのか、というのが
この方と話してて、逆に勉強になったなとも思いました。

 

 

 

恐らく、会話でいちばん困るのは、沈黙や会話が続かないことよりも

 

「聞かれたことに答えてくれないこと」

 

だと思います。

 

 

 

頷くか首を振るかの反応ができるかだけでも違いますね。

 

 

 

これは「会話」ではないかもしれませんが、
会話はそもそもお互いのコミュニケーションのバランスで成り立っています。

意思表示は最低限大事な要素です。

 

会話はキャッチボールのようなもの

 

以前、会話はキャッチボールであり
どちらかが手加減することで成り立つ、と聞いたことがありますが

 

はいかいいえの「最低限の意思表示」というのは、
このボールを受け止める作業なのかなと。

 

 

 

これさえしてくれれば、相手はボールを投げ返して貰えなくても
直接相手の元まで取りに行くことだって可能です。

 

 

 

すべての人がそこまでしてくれるということはないですし、
投げ返せたほうが人との世界も広がると思うのですが。

 

 

まずは、相手の話を受け止めることができてから
はじめて沈黙とかそういうのを気にし始めるべきなんじゃないかな…
と思いました。

 

 

 

私はこういう状態のときは
とにかく会話できる人と比較してしまって、
もうどこからダメなのか、何からしたらいいのかすらわからなかったんですが
今だったらそんな感じでアドバイスしそう、と思います。

 

まとめ

 

たぶん本当に重度の人見知りとかだと、こういう感じだと思うんですが、

私だったら、人に迷惑をかけないようにするために

 

「はいかいいえの意思表示ができるようになること」

 

を最優先課題として考えると思います。

 

 

 

とはいえ、この方があまり深く悩みすぎていないことを願います。。

話せないことよりそれで自分を責めることの方がかなり深刻だと思うので。

 

 

何かの参考になれば幸いです。

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報