硫黄が香る「大和の湯」のご紹介!

目安時間:約 7分

硫黄が香る「大和の湯」のご紹介!

 

今回は、長野県諏訪市の「大和の湯」に行ってきたので

感想を書いてみたいと思います。

 

 

 

印象としては、これぞ温泉!って感じで

とにかく硫黄の香りがとても強い温泉でした。

 

普通のお風呂だとなかなか表現できないような香りと泉質で、

かなり肌の感じも良かったです。

 

「大和の湯」への行き方

 

この温泉なのですが、

初めて行くと、結構、見つけづらい位置にあります。

 

住宅街の真ん中にあるような感じです。

 

 

 

初めはGoogle Mapで行ったのですが、最後まで案内してくれないのです……。

近くまでは行けますが、入り口に到着するまえに

案内が終了してしまうような(汗)

 

 

というわけで、一応、行き方をここに書いておきますね。

 

 

 

 

①「湯小路いきいき元気館」を目指してください

ここは大きいので、わかりやすいと思います。

とりあえず、ここを目指しましょう。

専用駐車場はなさそうなので、車でお越しの際はここに止めるのが一番近いです。

 

 

②正面玄関前の道路の向かい側に、組合員限定の温泉施設があります

 

こういう感じの建物が近くにあるので、探してみてください。

ちなみにここは近隣の組合限定の場所なので、一般の方は入れません。

 

 

 

③そこの前を通過します

 

 

③突き当りを左へ。

住宅街に入るので、突き当りは民家ですが

そこを左に曲がってください。

 

④少し行くと、左側に大和温泉があります。

少し進むと、

そんなに遠くない位置に大和温泉があります。

 

こんな感じの入り口です。

見つけたら、奥へ進んでみてください。

 

 

奥はこんな感じです。

 

 

 

注意事項

特に女性は気をつけていただきたいのですが

洗面台やドライヤー、備え付けのシャンプーなどの設備はありません!

ちなみに、シャワーもありません。

 

ドライヤーが必要な方は要持参です。

コンセントはあります。

 

また、ロッカーはありますが、鍵はついていないので

大切なものは持ってこないほうが良いようです。

 

 

とはいってもあまり混んでいることも少ないですが。。

 

 

気になる方は、

駅からの方は最寄りの上諏訪駅のコインロッカーへ、

車の方は車に置いて来たほうが良いのかもしれません。

 

 

 

 

 

無事見つけられたら料金を払って(大人300円)入ります。

 

 

 

更衣室に入った瞬間から、

硫黄の香りを強く感じました。

やっぱり、ここまで「温泉らしい温泉」も珍しいかもしれません。

 

 

更衣室には、U字工事のサインがありました。

一年くらい前に来ていたみたいですね。

 

 

 

 

私が行った時は先客の方がいて

いろいろとレクチャーしてくれました。

 

 

先述したのですが

ここには、シャワーがありません!!

 

 

こういう温泉には入ったことがなかったので

私には衝撃的でした(笑)

 

 

湯船とは別に、お湯(熱湯です)と水が出るところがあり

そこが実質的な洗い場となっているようです。

湯加減も自分で調整して使います。

 

 

建物が古いので

本当に昔のまま残されてきている感じがしました。

 

 

 

先客の方があがられてからは

貸切状態でした。

 

 

湯船は狭いので、多くて2〜3人用、と言った感じです。

2人でも狭くはないですが、

できれば貸し切りたい大きさですね。笑

 

 

 

 

まとめ

この温泉の近くでは、普通の道でも硫黄の香りがして、

 

側溝から湯気が立っていたり、

雪が降っても、側溝の温泉の湧いている場所だけ溶けていたりしていたので

どこかに「入れる温泉」があるんだろうなと思っていたのですが

 

今回、ここにあったんだ…!とびっくりしました(笑)

 

 

山の中など秘境というわけではないですが

少し分かりづらいようなところにある場所です。

おそらくその分、あまり混んでないことが多いと思うので

とてもゆっくりできると思います。

 

もし諏訪付近など近くに行くことがあれば

是非寄ってみてはいかがでしょうか♪

 

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報