「ひらめきメモ」の本のレビュー!読むと運が良くなるって本当?

目安時間:約 9分

「ひらめきメモ」の本のレビュー!読むと運が良くなるって本当?

 

 

最近、Twitterで見かけた方の本なのですが

読んでいたら端からマーカーを引きたくなったので(笑)

ご紹介させていただきます。

 

 

このひらめきメモの本は

人間関係に限らず、

 

 

停滞していると感じている人、何かに悩んでいる人、

頑張りたいけどうまくいかない人

 

 

などには特にオススメです。

 

ひらめきメモの本の出典はTwitterより

 

ひらめきメモの本が具体的にどういう内容か、というのは

 

TwitterのF太さんの「ひらめきメモ」(@shh7)のアカウントを見ていただけるのが

一番良いかと思います。

 

 

刺さる言葉や考えさせられる言葉はたくさんあるのですが、

例としてひとつ挙げさせていただきたいと思います。

 

 

調子よくないときって、つい「いつもの調子」を取り戻そうとしてしまう。

停滞してるときは、自分が変わるチャンスなんだけど、

いつもの方法にすがって元に戻るだけのことが多い。

ここであえて新しいことを試すことで、一気に今までとは違う境地に辿りつくことがある。

 

 

 

自分自身振り返ってみても、ガラッと環境を変えられた時や

ステージを変えられたような時というのは、

 

思い切って、これまでのパターンと180度に近いレベルで変えたときとか、

ここまでやっちゃったら危ないんじゃないか…って内心ドキドキで変えたようなこと

 

結果的に功を奏していたことが非常に多いです。

 

 

そういうことを繰り返していても、やはりそんなに普段からリスクをとりまくっていたら

いろいろと怖いので(苦笑)

 

普段はやっぱり、「調子のいい状態の『いつもの自分』」を取り戻すためにはどうしたら良いのか

必死に考えるわけです。

 

でも、それでうまくいかないときは

同じやり方に固執するんじゃなくて

何か別のやり方にシフトしたほうがいいことが多かったりします。

 

それは大概、これに気付くような頃には

自分で何をするべきか分かっていることが多いですね。

 

「普通の視点」だからこそ響く言葉

 

 

F太さんは芸能人等の著名な方ではなく、普通の方ですが、

だからこそこんなに「近い位置での言葉」が出てくるのかなと思いました。

 

 

 

 

著名人や偉人の「名言集」みたいなものがありますが、

正直、個人的には、読んでいてもただカッコイイだけで

心の中まで響いてこないことが多いと思います。

 

 

 

好きなら覚えるけれど、

それを本当に日常レベルで活かせるのかっていったら

実感が湧かなくて活かせないというか、どうしても活かしづらいことが

私は、かなり多いです。

 

 

 

 

おそらく、その人達が相当身近だったり

自分の関係している分野の権威で、自分が相当尊敬していたり、とかなら

またちょっと違うのかもしれません。

 

 

 

 

でも、そうでなければ、自分の届かない場所にいる人の言葉は

ちょっと距離を感じやすいと感じています。

 

 

 

ひらめきメモの本を見て感じるのは、

普通の人だけど、

絶対に届かないような場所ではなく、

 

自分とある程度近いような世界で

同じように頑張っている人の言葉だからこそ、

ここまで響くのかもしれないと思いました。

 

「この本は、読むと運がよくなるようにできています」

 

 

 

 

この本の冒頭文のあたりからの引用ですが、

ひらめきメモのTwitterの説明文にも「フォローしておくと運が良くなる」と記載されています。

 

 

 

運が良くなる魔法でもかかるのか…っていったら、

たぶん、そうとも言えるしそういう話じゃない、という感じではないでしょうか。

 

 

私も最初はTwitterで見かけたので、この言葉を最初に見てしまって少し疑心暗鬼だったのです。

でも、ツイートの内容を見たら共感できる内容が多くて

確かに、運がよくなってもおかしくないなと思いました。

 

 

 

この「運が良くなる」の根拠としては、

 

「放っておくとネガティブになりがちな思考を、ほんの少しだけ変える」

 

そのことによって、

自分で自分を必要以上に責めなくなったり、勇気づけられるようになったりして、

その結果、「運の良い状態」を自分に引き寄せられるようになる、ということではないかなと思います。

 

 

 

 

実際の運がいくらよくても、

自分の状態が悪いと運が良いことにも気づかなかったりするので。

 

気に入ったら書籍で持っておくのもオススメ

内容自体は、結構Twitterでも見られるのですが

もしよければひらめきメモの内容を本で見てみるのも凄くおすすめです。

 

電子より紙のほうが「印象に残りやすい」のは有名なのでご存知かと思いますが……。

 

 

紙のほうが、自分が思ったことを、手書きでそこに書き込むこともできます。

 

 

 

私は本にはあまり書き込みをしないことが多いですが、

この本は書き込んで見返したくなりました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

人間関係の問題に限らず、

なんかうまくいかない、思うように行かない、どうしても現状打破できない…とお悩みの方にも

かなり参考になる言葉がたくさんつまった本だと思います。

 

Twitterでも本でも構いませんので、

よろしければ一度見てみていただけると嬉しいです。

 

*追記

本といえば、こちらの記事も参考になるかと思いますので

よろしければどうぞ♪

「嫌われる勇気」を読んでみた感想

 

 

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報