ボイトレの体験レッスンへ!会話の改善に効果はあるのか?

目安時間:約 6分

 

こんばんは!澪です。

 

私、本当に喋るのが苦手で、それを改善する目的でボイストレーニングに通っていたことがあります。

今回はその時のお話をしたいと思います。

 

 

何故ボイトレに行こうと思ったのか

何故ボイトレを選んだかというと、通える距離に教室があったからです。

 

声質が悪いのかな?という指摘もあったので
声質を治そうと思った、というのもあります。

 

それに、

 

「やれるだけやる」

「考えられるだけのことはすべてやる」

 

それが私のルールだったので、その一環ではありました。

 

ハキハキ喋るのが苦手だった

あなたにもご経験があれば分かるかと思うのですが
ハキハキ喋れないと人によく聞き返されますよね。

 

場合によっては注意も受けることもあるでしょう。

 

ただ、そういうのは自分でどうにかしようと思ってできるという類でもなくて
そんなこと言われても直しようがない、と悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

むしろ、大人になって、初めて言われている人のほうが少ないですよね。

 

そのへんは理解して、注意する方ももう少し具体的に注意できないものかと多少は思いますが
やはり、注意するほうも大半は自分の視点で「(自分が)聞こえない!」と思うから注意するのであって
そこまで相手のことを考えている方もほとんどいないと思います。

 

というより、そこまで悩んだことがなければ

相手の視点に立って考えることはできないと思います。

そこまで私達の悩みって軽くないじゃないですか。

 

「あなたの為を思って」といわれたら、本当に自分の為を思ってくれているのか、

冷静に考えてみて下さい。

 

もし思ってくれているようであれば、

受け入れられる範囲で受け入れて行動するのも良いと思います。

 

ただ、あまりにも注意されると人格ごと否定されているような気にもなりがちです。

もしあなたがそうであれば、
是非、人格否定と声の問題は切り離して考えて欲しいです。

 

そういうことではないですからね。

 

ボイトレへ申し込み

 

行くと決めたら、ネットから、体験レッスンの申し込み。

ちょうど年始、1月頃の出来事でした。
ハキハキ喋るのが苦手なのでそれを直したい!!というコメントとともに。

 

近いです。自宅から車で10分程度。
それまでは教室を見ても素通りでしたが、通うと決めてからこんなに目立つ位置にあったんだと知りました。

 

ボイトレに行くのはどういう人達なのか

ボイトレにはいろいろな目的で通っている方がいらっしゃいます。

 

実際ボイトレに通われているのは、
(先生から聞いた話ですが)

 

・声優を目指している人
・歌手等を本格的に目指している人

 

はもちろんのこと

 

・老後の暇つぶしとして
・趣味として

 

といった感じで通っている方も結構いらっしゃるとのこと。

 

もちろん、声を直したいと言って通っていた方もいらっしゃったらしく
私が入った頃にはもう辞めていたようですが…

 

その方は、なんと半年で親や知り合いに「最近ハキハキしてきたね!」と褒められた、とのこと。

 

半年!?
すごくない!?

 

と思って、私もちょっと期待しました。

体験レッスンはどうだったのか

非常に緊張しました。

 

先生ひとりとはいえ、

 

「人前で」歌うんですよ。

 

社会人になってから歓迎会で行ったカラオケだって
ほとんど声も出せなかったのに
そんなこと、できるのか!?と思って。

 

でも、行ったからには仕方がないです。
やれるだけのことをやるしかないです。

 

当時はベストを尽くしましたが
今思えばあんまり声出てなかったかなとは思いますね。

 

ただ、当時はそれが精一杯で、
歌っていて「あぁ、これだけしか声出ないのか……」って思いました。

 

声の限界を知るということ

 

どこかで、本気で声を出そうとすれば、もう少しは出せると思っていたのかもしれません。

でも、本気で出しても全然出ないのですね。

 

本当に、精神的な遠慮か何かだけで出ないのかなと思っていたのに、
物理的に声を出すだけの力がないとわかったこと、それが正直ショックでした。

 

ショックだけど、気持ちの問題だけじゃないんだ、とは思いました。
気持ちが弱いから出せないのではなく(それもあるだろうけど)、それだけの物理的な力もなかったんだと。

 

ただ、上記の「半年で良くなった女の子」
そうなることを期待して、私もそこで入校しました。

 

続きます。

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報