声質改善のためにボイトレに通った結果!変わったことや学んだこと

目安時間:約 8分

こんばんは。澪です。
前回は、ボイトレをはじめたことについて書きましたが
以下、ざっと勉強になったこと等をまとめておきたいと思います。

 

ボイトレで学んだこと

技術的なことだけでなく

いろいろ勉強になった経験ですが、ちょっと片っ端から。

肺活量のなさを実感したこと

肺活量が足りてないんだ、ということに気づきました。

今まであまりにも喋る機会がなかったので
鍛えられる機会がなかったのかもしれません。

 

レッスンでは数メートル先に的をイメージして
そこに向かって息を吹きかける練習をするのですが
全然、届きません(笑)

 

先生のお手本を見て、それがむしろ一般的なスタンダートなのかと思い

私全然だめじゃん!とショックを受けました。

 

練習していくうちにだんだんと息は出るようになりましたが、
本当に、最初は足りなかったと思います。

 

でもこれ、「やってみたから」わかったことです

むしろこれはやってみないとわからなかったですね。
本とかネットとかだけで勉強するのは、注意もされず怒られることもなく

言い方を変えれば自分の本当の欠点を直視しなくても済むので、安全ではありますが、

 

正直、直視したほうが早かったりもします。

 

場合にもよりますが、早いことのほうが多いです。

 

「声を出す」という行為に必要なもの

ここまでロジカルに考えたことはこれまでなかったのですが、

「声を出す」というのは
「声」そして「息」が必要で。

 

十分な量の息に声を乗せるから、うまく声がでるのです。

 

ただ声だけ出そうとして
「喉が苦しい!出せない!ていうか出るわけないでしょ!」

って思ったことはないですか。

 

私はあります。

 

そういうのって、息が足りてなかったのですね。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

息が足りないのであれば、やることはシンプルです。

息を意識して吸うこと

 

それはもちろん、「声をだす前に十分な息を吸うこと」が大事。

意識して息を吸うだけでも、それまでと比べて少ない力で大きな声を出すことが可能になります。

 

知ってしまえば当たり前のことなんですが
教えてくれる人がいないとなかなか気づかないことでもあって。

 

そして習慣化させる

 

あとはこれを習慣化させることが大事ですが、
知識として知っておくだけでも、いざという時にとても役立ちますので是非覚えておいて下さい。

 

ちなみに、普段からリラックスして深めの呼吸を心がけることで

声をだすときに身体がこわばって出ない、ということが減ってくると思います。

 

もし不安で心理的に落ち着かなくなったり、もうダメだ……ということがあれば

トイレなど安全なところへ避難の上、落ち着いて深呼吸をしてみて下さい。

 

腹式呼吸

腹式呼吸と胸式呼吸ってありますが、やはり声を出したいのであれば腹式呼吸のマスターを勧められます。
胸式呼吸よりも腹式呼吸のほうが身体の深いところから発するため、声を出すという点では非常に有利だからです。

 

こういうのは学校の授業とかでもやったりしますよね。
なので知ってはいたんですが、
マンツーマンの場でやってもらったのがとても良かったです。

 

というのは、様子を見ながら修正してくれるので。

 

実際やってみて、肩が上がっていたりすると胸式です。
ちゃんと、お腹が動いているかどうかを見ながらできているかどうか確認していく必要があります。

 

鏡を見ながら自分でやることもできるのですが、

人に見てもらってやる、というのが

ごくごく客観的に「できているか」の確認ができて

それがとても良かったですね。

 

「身体は楽器」ということ

 

体調がよろしくないと声の調子も悪いんですよね。

社会では結構毎日毎日ベストを尽くすように求められているような気もしますが、
実際、身体の調子っていうものがあるんですよね。

 

それまで、ベストを目指すのは当然だとしても、
ベストを出せなかったな、とか、なんか調子が悪かったな、という日は
自分を責めがちではあったので

「体調の変化」での成果の違いというか。

 

それって、別に自分を責める必要はないですよね。

そこを体感できたのが大きかったですね。

それまではどこか自分の体のことを機械のように考えていたかもしれません。

 

ただ、体調が良い時は普段より格段に声の調子も良かったりするので
なんかこう身体ってなまものだなと実感しました。

 

先生との交流

何よりこれが一番大きかったかもしれません。
先生がとても元気の良いお姉さんで、会うたびにとても元気をもらえました。

 

私は平日夜に仕事が終わってから通うことが多かったですが、
いろいろあっても行くたびになんか今日来てよかったなーと思えて。

 

人に会うのってとても大事だと思います。

「人と会う」ということ

社会人になると、そのまま何もしないとほぼ会社と家の往復になってしまう方も
実際とても多いですよね。

 

それってとっても勿体無いなと。

 

それでも、例えば会社に行けば好きな人がいるとか
仕事自体が楽しくて仕方ないとかなら毎日楽しいと思いますが、

全員がそうとは限らないですよね。

 

実際は、合わない人もいたりして
気にしないように、仕事以外で関わらないようにしていても
どうせ仕事では関わらなきゃいけない、というのが
知らず知らずのうちにストレスになっていたり……。

 

だからといって辞めるわけにもいかない、という方が大半だと思いますが
そんな中でも、まずは休みなどあいている時間に
誰か普段と違う人と会ってみてはいかがでしょうか。

 

社会は初めに思ったよりも、あなたを歓迎してくれるはずですよ。

 

まとめ

ボイトレでは技術的なことはもちろん
人に会うことの良さを感じられて
とてもたのしかったです。

 

ボイトレに絡んでもう1記事くらい書きたいので
良ければおつきあい下さい。

 

あなたも、何かやりたいことや会いたい人はいませんか?
いるなら、連絡取ってみませんか。

 

普段そういうことしないし怖い、というなら、

そういうことしても大丈夫そうな人、いませんか。

応えてくれる人はいるはずですので

是非、動いてみて下さい。

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報