日の出も見られるほったらかし温泉!タオルも可愛い♪

目安時間:約 7分

日の出も見られるほったらかし温泉!タオルも可愛い♪



 

 

今回は、山梨県山梨市の「ほったらかし温泉」のご紹介です。

→公式サイトはこちら

 

こちらの温泉は、日の出の一時間前より営業がされているので

朝早く行けば日の出を見ることもできます。

 

 

さっそくご紹介していきますね!

 

 

ほったらかし温泉とは

 

山梨県山梨市の温泉です。

施設内には「あっちの湯」「こっちの湯」の二箇所があり(別料金)、

それぞれ内湯と露天風呂があります。

 

 

この「ほったらかし温泉」

行く前はすごくほったらかされている温泉なんじゃないかと

少しドキドキしながら行ってみたのですが、

 

むしろ、山の景色に溶け込んだ、手作り感あふれる施設

ほったらかされている感じはしなかったです(笑)

 

 

温泉はジャグジーなどのシステムがあるわけではなく、

天然温泉と山頂からの景色というシンプルな構造のため

つまりは、天然そのままという意味でのほったらかしな感じなのかも…?

 

オリジナルタオルも可愛い!

こちらではオリジナルタオルも販売されていました。

 

バスタオルとタオルではデザインも違うんですよね。

少し高かったですが、

可愛い上にしっかりしているので、末永く使えそうです。

 

 

こちらがバスタオル(1000円)で、

 

こちらがタオル(200円)です。

 

どちらも、入浴料等の券売機より買うことができます。

 

 

「あっちの湯」での日の出

 

日の出を見られる温泉は、その日によって変わりますが

どちらかで日の出を見ることができます。

 

私が行った日は「あっちの湯」での日の出でした。

 

…とはいっても、行った時間帯は日は昇りきっていて

日の出を見ていたと思われるお客さんと入れ替わりになり

ちょっとした貸切状態。

 

 

 

こっちの湯よりも、あっちの湯の方が
浴場も洗い場も1.5倍から2倍程度広くなっています。
あっちの湯の露天風呂は二段になっていて、2つ浴場がありました。
下の段は岩で囲われた広い浴場、
上の段は木で囲われた四角い浴場です。
下の段に浸かると、正面に見える山脈の頂上と視線が同じになるんですよね。
視線よりも下に伸びる雲海が、なんとも幻想的でした。
朝早い時間で天気も良かったので、
昇りたての陽の光が山梨の盆地をやさしく輝かせているような感じで、
とても美しい光景でした。
日の出を見たい方は、その日の山梨県の日の出の時間を確認して行ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

日の出を見たら、朝食はTKG(卵かけご飯)♪

朝の時間帯は、食堂はまだ営業していませんが

この時間帯のみTKG(卵かけご飯)の定食がいただけます。

 

 

  

 

看板も可愛いですね。。

 

 

提供はお米がなくなるまで!

 

 

納豆は2種類あり、好きな方を一ついただくことができました。

 

 

もう少し遅い時間になると、食堂も開店するので

いろいろなメニューが楽しめます。

 

 

 

温玉あげが名物とのこと。

また行った際は食べてみたいですね。

 

地下水も飲める!

浴室内にも飲める場所があったのですが、

建物の外にも地下水を飲める場所があります。

 

この地下水、とてもまろやかで美味しかったです。

 

地下から直接汲み上げているからか、

ペットボトルの天然水等よりも美味しいです。

 

 

休憩時等、是非探して飲んでみてください。

 

無料の休憩所も利用可能

「あっちの湯」「こっちの湯」の建物とは別に、

休憩所の建物があります。

こちらは無料で利用可能です。

 

 

座布団を引いて寝ている方もいらっしゃいました。

お風呂に入ったら、帰る前に少し休んでいくのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

広い露天風呂から、雄大な景色を眺めていると

ゆっくり時間が流れているような感じがして

普段の生活を忘れて、とても癒されることができました。

 

日の出だけでなく、夜景も綺麗とのことです。

どの時間帯に行っても、とても良い景色を見られると思います。

 

 

とても良い温泉でした。

かなりオススメですので、機会があれば是非足を運んでみてください♪

 

 

プロフィール
人気記事一覧
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報